<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
脳内メーカー
c0001364_110734.gif数週間前、リスナーの方からのメールで、初めて脳内メーカーを知った。
アクセスが集中する為か、なかなか繋がらなかったのだが数日前やっとできた。
名前を入力するだけで、その人の脳内が何で占められているか瞬時にして現れるのだが、私の場合こんな結果になった。
アタマの中はHしかないらしい・・・・・・。
久保田悦子さんの28日の日記にも脳内メーカーについて触れられていた。
久保田さんの場合、後頭部を「H」が占め、「食」「嘘」が真ん中辺りに鎮座、脳の周りを「悩」が囲っていたそうだが、私の直球H一色より良いではないか。
脳内相性メーカーも、いろんな人の名前を入れて遊んでみた。結構笑える。
[PR]
by yukibreeze | 2007-07-31 00:08
ね。
c0001364_1142634.jpgテレビのスポーツ選手のインタビューを見ていると、前から気になっていたことがある。
語尾に『ね』をつける人が多いことだ。
「そうっすね、やっぱりね、あん時ね、・・・」
あんたがたどこ『ね』か。
この語尾『ね』は、80年代のアイドル、田原俊彦から派生したものだと私は考えている。
「ボクのね、新曲がね、ファンのみんながね・・・」。
このトシちゃんの喋りを受け継いだのが、サッカー選手のカズだと思っていたら、調べてみると、カズは昔トシちゃんに憧れ、以来家族ぐるみのつきあいが続いているのだという。
なるほど。憧れの人がいると、無意識で喋り方まで似てしまうのか。
カズに限らず、サッカー選手には、インタビューに答える際『ね』をつける人が多い。
語尾に『ね』をつけることで、自分を落ち着け、かつ次の言葉を捜すのだろうか。
喋りのクセは、なかなか直すのが難しい。
自分も、マイクを前にすると、どうしても言えなくなる言葉や、クセのある発声、発音になることがある。
男性に多い語尾『ね』であるが、私も気をつけよう、と思うのだ、ね(ちょっと使い方が違う)。
[PR]
by yukibreeze | 2007-07-30 01:13
スズキアキ効果
c0001364_7343194.jpg今日の『昼のストレンジャー』は5週目なので鈴木亜紀さん。『クイズ!知らぬがスズキアキ』の日である。
『犬も歩けば 猫も歩く』
『飛んで火にいる ライオン』
『糠に キュウリ』
『二階から 一階』
等、まさかの新ことわざをマジで答えるお嬢様である。
今回のお題で、リスナーの皆様を翻弄した問題が『瓢箪から駒』。
これをスズキさんは、瓢箪から何と答えるか。
『初めてメールします』という方や、『今日は黙っていられず参加します』という方を含め、いつもの何倍ものメールをいただき、皆様の関心の高さを改めて実感した。
結局、答えは『瓢箪から おかめ納豆』という、「で?」「だから?」と脱力してしまうものであったが(瓢箪の形からイメージしたものが、おかめ。そしておかめといえば納豆と連想したらしい。ブランド好きはこんなところにも。意味は不明)。
しかし、みんなで笑いを共有できるということは素晴らしい。
どんなに気分が滅入ってても、笑いによって救われることがある。
ありがとう亜紀ちゃん。
[PR]
by yukibreeze | 2007-07-29 07:35
暑くなったら大正屋
c0001364_1524983.jpg暑い、暑い・・・。額から滝のような汗を流し、今シーズンになってやっと初めて大正屋さんの氷を食べに行った。
「あら~!今年はまだ来ないねって、昨日おとうさんと話していたとこだったのよ、ねぇおとうさん!」
と、おばさんとおじさんはニコニコと迎えてくれた。
すでに先客、更にタクシーに乗った予約客、飛び込みのお客さん、と相変わらずひきも切らず、おじさんとおばさんの連携プレイのかき氷はフル回転だ。


c0001364_1592434.jpgまりさん、まんちゃんと3人で、それぞれ宇治金時ミルク、宇治金時、宇治ミルクを頼んで涼をとる。
「宇治きんじ!」
と強気でオーダーした人の話を思い出して、大笑い。
大正屋さんは、昔から変わらずほのぼのした昭和の空気が流れている。大好きな空間のひとつだ。
[PR]
by yukibreeze | 2007-07-28 01:52
今年の逗子はスゴかった!
c0001364_395345.jpg今宵は、逗子海岸花火大会。
我らが森川いつみさんが、今年も花火大会の進行役。
子供の頃から、もう何十年と見続けてきた逗子の花火だが、今年はスゴイぞ、と聞いていたので期待していた。
早い時間から逗子市内はもとより、ビーチFM本社のある葉山マリーナ周辺も混みだす。
絶好のロケーション、ラ・マーレ・ド・チャヤから鑑賞した。


c0001364_3164423.jpgそういえば昔は、『漁火の夕べ』で静かにスタートしたものだったな。
漁船に、今思えば控えめなイルミネーションをつけて静かに闇間をゆく姿を眺めたものだ。

今回の打ち上げ数は7000発。
決して目を見張るほど多いわけではないが、ラスト10分は5500発上がる、日本最大級のスケールだったらしい。


c0001364_3233070.jpgおおおおおっ!


c0001364_325967.jpgやっぱり花火は肉眼で見なきゃね。こんな写真じゃ伝わらないもんね。
噂通り、ラスト10分は本当に素晴らしいかった!
誰もが恍惚、そして幸福を味わったと思う。
こんなスゴイ花火を知ってしまったら、逗子の花火大会は来年からどうするのだろう?!
[PR]
by yukibreeze | 2007-07-27 03:11
KIHACHI CHINA
c0001364_731268.jpg打ち合わせと収録の為、横浜のキハチ・チャイナ ダイニングバーへ。
麺のコースをいただいた。


c0001364_7331244.jpg現在、夏野菜フェアが行なわれており、色鮮やかな夏野菜のあっさり強火炒めをいただいた。
歯ごたえがシャキシャキとして誠に美味しかった。これはたぶんコース外。


c0001364_7412569.jpg麺をチョイスできるのだが、私は黒胡麻坦々麺をいただいた。
辛っ。


c0001364_7432895.jpgデザートの盛り合わせ。
キハチ チャイナからスパークリングワインのプレゼントをいただきました。
詳細は次回の番組内で。


c0001364_7445068.jpg今日お会いした方からタヒチのお土産で、ティアレの花の蕾をいただいた。
朝摘みの花を箱に入れて、飛行場で売っているらしい。
イイ香りだ。
耳の上にさすわけだが、実際やってみたらただ耳の局部アップとなるだけで、ちっとも美しくなかったので。
[PR]
by yukibreeze | 2007-07-26 07:30
LITTLE THAILAND
c0001364_0362060.jpg鎌倉由比ガ浜のリトル・タイランドに行った。
友人のロコがバイトをしていたので、来週でも行こー♪と思っていたら、梅雨明けを待たずにヤツは辞めてしまっていた。
しかし、円満退社(?)らしく、今日ロコとリトル・タイランドでゴハンを食べた。
タイ語堪能なロコが、タイ人スタッフとやりとりしてオーダー。
美味しかった。


c0001364_046481.jpg何店ものタイ料理屋さんが屋台のように集まっているリトル・タイランド。
マッサージのスペースもあり。
店内は、家族連れ、カップルと賑わっていた。


c0001364_0492032.jpg月が輝き、波の音を聞き、夏の到来を実感する。
[PR]
by yukibreeze | 2007-07-25 00:35
逗子海岸にミーハーの風が吹く
c0001364_3435992.jpg逗子海岸でテレビの収録でビーチサッカーをやっている、しかも有名人がいっぱい来ている、と現地リポートしたAZEMIさんから話を聞き、「それはっ!」ってんで、森川いつみさんと一緒に見に行った。
タカ&トシなどお笑いの人たちや、アルシンドなど元Jリーガー達も沢山いたが、私は実はうといので、是非お二人のブログを見てください。


c0001364_3503765.jpg今日は自分のカメラを忘れてしまったのと、えー撮っていいのかなぁ、という思いと、実際人だらけで撮りにくいというので、全然いいショットが撮れなかった。
モノマネチームは笑えた。バラしていいのかなぁ。ザ・たっちがオシム監督に扮しての「幽体離脱~。」をナマで見られた。
決勝戦は、間近で迫真のゲームが見られて結構おもしろかった。


c0001364_3551715.jpgその後、琉球ダイニング海のレキオスの海の家、へべれけシーサーで、ドラゴンアイスなるものを食す。
アイスが細かくなって、サラッとしている。それに好みのトッピングを選ぶわけだ。
氷のシャリ感でもなく、アイスクリームのモッタリ感もない不思議な食感。
[PR]
by yukibreeze | 2007-07-24 03:41
負けず嫌い
c0001364_2143497.jpg負けず嫌いだ。
負けるのが嫌だから、トランプやゲームもあまり好きではなかった。
ただし、最初から敵いません、と諦めている分野では、何もそこまで、という位放棄する。
たとえば過去の例を挙げると、国語100点、理科0点という潔さだ。
日常においても細かい点において、負けず嫌いを発揮しているらしい、まんちゃんによると。
言われてみると「あぁそうか。」なんだが、今は思い浮かばない。

今日、スーパーの駐車場で、前の車が絶好のポジションに入れようとして思いとどまり、スーッと行ってしまった。
「ラッキー」と思い、入れようとすると、隣が柱、そして大きい車。
ははーん。あまりの狭さに自信がないから敬遠したのか・・・・。ならば私がイッパツで入れてしんぜよう。
私より先に車庫入れ態勢に入っていてマゴマゴしている人を横目に、ファイトイッパツでレーンに納める。
ふふふ・・・勝った。
・・・・誰が見ているわけでなし。決してあおられたわけでなし。
私は一体何に対して勝った気持ちになっているのか。
所詮私の負けず嫌いなんてこの程度の低レベル。実に小さい。
[PR]
by yukibreeze | 2007-07-23 01:44
今日のお客様
c0001364_117491.jpg今日の『FEELIN' GROOVY!』はKINA & KALANIがスタジオに来てくれた。
彼らはハワイ島コナ出身の兄弟デュオで、10年前にはメリーモナークに出場、そして入賞もしている。
Na Palapalaiのダンサーとしても有名らしい。
3年前、初台でフラスタジオをオープンさせた。
今月25日、デビュー・アルバムKINA & KALANI~tadaima~をリリース。今日は、そのアルバムから3曲紹介してくれた。

とにかく二人はナイスガイであった。
キンチョーしてる!と言っていたが、愉快でとにかく感じがイイ。こちらまでハッピーになるようなオーラが出まくってた。
二人ともコブクロと天童よしみさんのファンなんだって。いかに素晴らしいかアツく語ってくれた。
これからも友達になりたい、と思うような楽しい2人だった。
レッスンは人気あるだろうなぁ。


c0001364_138032.jpg番組が終わった頃、Walderedo de Oliveiraさんがやって来た。
彼はブラジル出身のエコロジー・アーティストで、会うのは鎌倉の個展以来だから半年以上ぶりかな。
今月27日(金)、葉山某所にてボディ・ペインティングのライブがあり、そのまま場所を青山のVeloursに移して、Rougeというイベント名のラウンジ・パーティーでまたボディ・ペインティングのライブをするらしい。
行ってみたいけど、その日、逗子の花火大会なのよね・・。すまない・・。
[PR]
by yukibreeze | 2007-07-22 01:16

画像・文章の無断使用・無断転載はご遠慮ください。(エキサイト・サービス利用規約に準じる場合を除きます)