<   2008年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧
こんな流れになるとは。
c0001364_0114746.jpg6時間半の番組で使う曲はだいたい60曲なので、その位のCDを持ち歩いている(ほとんど自前のCDを使っているので)。
今はケースを抜いて、中身だけを入れられる入れ物が主流なのだが、いちいち出し入れするのもめんどうだし、ライナーノーツやその他詳細も必要な時があるので、結局まるまる一枚収納できるCD収納バッグに入れている。
30枚収納できるバッグも使っているが、この60枚収納バッグがもうかなりヤバイ。
ショルダーストラップはとっくに崩壊して、周りの布部分は刻一刻と破けてきて、もういつお釈迦になってもおかしくない状態である。
このCDプラケース丸ごと収納バッグを探しているのだが、どこにもない。

・・・・と、ここまで綴っていろいろサーチしてたら今見つけてしまい、購入しちゃった。
なんだ。衝動買い。

今日19:17の森戸海岸。
[PR]
by yukibreeze | 2008-06-30 00:11
会いたい
c0001364_1143423.jpg最近、会いたいという想いは募るものの、会えない人の方が多い。
誘いたくても、相手が迷惑なんじゃないかと思ってしまったり、自分も時間を作ろうとしなかったり。
会いたくても、まだ一度も会えない人のことを想う。
数ヶ月、数年会っていない友達一人一人を想う。
空の助手席を見つめて、そこに座っていた人達のことを想う。
もうこの世では会うことのできない人達をも想う。
よく会う人達のことを決してないがしろに思っているわけではなくて、それどころか会ったばかりなのに、またすぐ会いたくなる人も沢山いるのだが、会えない人達のことを特に最近よく考えるのだ。どうしてだろう。
メールや電話もできるけど、顔が見たい。会いたい。
[PR]
by yukibreeze | 2008-06-29 00:40
c0001364_1285197.jpgそういえば昨日は海開きだった。
しばらくは早朝、夕方からでないと海岸正面からパドボも出せなくなる。
とはいうものの、ここ数週間やってないけど。
さて、明日でYUKALICIOUSが最終回。早いもので3年続けてくれたんだなぁ。
彼女は常に前向きで、いつもパワフル、それでいて笑顔と思いやりを忘れない。素敵な女性だ。
ありがとね、YUKALICIOUS。
16:00からの“FEELIN' GROOVY!”にはクリヤ・マコトさん
クリヤさんのサイトには14:00からになってるけど、16:00からですから!
とにかく頭の回転の早い方だなぁ、と思う。
インテリジェンス溢れるイメージなのだが、お話させていただくと、気さくでサイコーにおもしろい。先日も、これまた笑いっぱなしだった。

魅力的な人の周りには、必ず笑顔がある。
そうそう、明日は5週目だから、クイズ!知らぬがスズキアキ。今回は、どんな珍回答が・・・?
[PR]
by yukibreeze | 2008-06-28 01:27
サウダージの会
c0001364_1582675.jpg2月以来のサウダージの会。
左から、湘南スタイルの寺倉力さん、カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュの堀内隆志さん、タワーレコードの藤崎真一さん。
丁度湘南スタイルも発行された。藤崎さんと堀内さんは、ずっと連載を持っている。
更に堀内さんは今回『湘南のアイコン』としても載っている。
おっと今号には、木村太郎社長のインタビュー記事も掲載されている(まんちゃん、人見さん、つちやまりちゃんも載ってる)。
このサウダージの会は、本当に楽しい。
摩訶不思議な組み合わせながら、ですます調の敬語は崩さず、それぞれの仕事の話から慎ましやかな下ネタまで今回も話は尽きることはなかった。皆さんの話には、いずれも「ほほぉ~。」と思うところがあり、タメになるし、なにより笑いっぱなしなのである。
次回が待ち遠しい。
[PR]
by yukibreeze | 2008-06-27 15:07
凄いとしま
c0001364_4433032.jpgたまたまいろんな投稿しているところで
『竹下由紀って凄いとしまなんだけれど若い頃の写真ばっかり使ってるね。ギャップがありすぎ。』(原文のまま)
っての見つけて、軽く傷つきながらもにんまりしてしまった。
まぁ“凄いとしま”は事実だし、別にそれを恥じ入るわけでなし。
しかしながら、写真はDJインデックスのものを除いて(めんどくさいから変えてないだけ)現在の写真しか載せてないわけで。
そっかぁ、若く見えるのかぁ。ふふふ。でも何と比べてギャップがありすぎなんだろう。ま、いっか。
ウチにある1番若い時の探してみた。with弟。一点見つめすぎて、ちょっとヤバイ感じだけど。
ちなみに竹下由“起”です。
[PR]
by yukibreeze | 2008-06-26 04:14
Loasi
c0001364_1562097.jpgやっと。やっと行った。腰越のイタリアンLoasi(ロアジ)。
私の周りではファンが多く、話だけは聞いていたのだが、今日は初ロアジ、女子3人で出かけた。


c0001364_213855.jpg
c0001364_215061.jpg
サバのマリネ ルッコラとハーブと野菜の蒸し焼き。
出てくるお野菜全てが新鮮で美味しかった。


c0001364_242592.jpg
c0001364_24377.jpg
花ズッキーニのチーズ詰めフリット、枝豆とゴルゴンゾーラリゾット。
いずれも素材の美味しさが際立ち、なおかつチーズの使い方が絶妙!
その他諸々「たくさん召し上がりましたね。」と言われるくらい、ドルチェまでたっぷりいただいた。
昨日は(私にしては)かなり走ったからいっか。
食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れた。
美味しいお料理だと会話も弾む。
人とのコミュニケーションも、マナーも、底辺にあるのは相手を思う気持ち、思いやりだな、とあらためて感じた。殺伐とした空気は、これらが欠けることにより起こりうる。
思いやりのある2人と時間を共有してつくづく思った。
[PR]
by yukibreeze | 2008-06-25 01:54
engawa
c0001364_054354.jpg一色に先月オープンしたcafe & restaurant engwaに行った。
古民家を改築して作られたお店は、風が吹きぬけ、とっても落ち着ける空間であった。


c0001364_0583871.jpg
c0001364_0585335.jpg



c0001364_101370.jpgengawa鶏カレー 季節野菜のせいろ蒸し添え、特製オムライス、10種類の野菜のスープ 自家製グラハム粉パン付。
私はオムライスを食べた。日頃あぶずり食堂のどっかり山盛りオムライスに慣れている胃袋にはちょっと寂しかったが、健康感を噛み締めていただいた。
こちらの代表の寺田由利加さんは、Shantiの同級生で、とーっても美人さん!
笑顔を絶やさず、品の良い素敵な女性です。 
お客様が絶えることなく、忙しそうだった。 


c0001364_17831.jpg食後、近代美術館で開催されている『マティスとボナール』展へ行った。
絵画は勿論素晴らしかったが、『私はひとりではないと感じたいとき、君のことを考える』というボナールの言葉が印象的だった。
美術館から眺める海岸は、今日も美しかった。潮風がさらりと心地いい。
[PR]
by yukibreeze | 2008-06-24 00:53
今日のイゲイちゃん
c0001364_0311388.jpg久しぶりの登場となるプロセーラー、イゲイちゃん
「人気はあるのに知名度がない。」
というのが自分で言っているキャッチフレーズなので、この場でささやかながら知っていただこうと時々イゲイ・デーを設けている。
お陰様で、このブログをご覧になっていらっしゃる方でイゲイファンになってくださった方が何人かいらっしゃるようで、イゲイちゃん曰く「ブログで見ました。」と、町中で声かけられるようになったらしい。
この位濃いと、銀座通り商店街歩いてても、まぁ目立つわな。
本社にやって来たんで、早速今日もモデルになっていただいた。
プロセーラーとピアノ。
なんの脈略もない。別にイゲイちゃんが弾けるわけでもない。
ほんとは、久保田さんがサクランボを持って来てくれたので、プロセーラーと佐藤錦というテーマで、口にくわえて流し目で見て欲しかったのだ。
ある意味エロイ、ヤダ!とプロセーラーから今回も壮絶に拒否され、しぶしぶピアノの前でシャッターを押した。
そろそろイゲイちゃん写真集でも作るか。
[PR]
by yukibreeze | 2008-06-23 00:30
こういうところはちょっと・・・
c0001364_7494886.jpg今日の『昼のストレンジャー』のテーマは、どんなに素敵な男性でも、こういうところはちょっと・・・であった。
お箸がきちんと持てない、駐車場でびしっと車を入れられない、レストランで堂々とオーダーしてほしい、スーツとオフの時の服のセンスの差が激しい・・・等々。オンエアできなかったものを含めると出るわ出るわ・・。
ちなみに私は、レストラン等で、店員さんに横柄な態度をとる人。“フレンドリー”とは違い、何様?!みたいな人はがっかり。反対に、さりげなく気遣いある対応だと「おぉ。」と思います。
まぁ男性からもいろいろ言い分あるんだろうけど、このコーナーは女4人で言いたいこと言ってるので。
他にどんな意見があるでしょうね?
[PR]
by yukibreeze | 2008-06-22 07:48
BLUE
c0001364_0214362.jpg惹かれる色は、ブルーだ。
ワードローブの中でもブルーが多い。
その中でもターコイズブルーが好きだ。
最近は、どこのお店に行っても安易に見つけられるようになったが、それでもこの色を見つけると、手に取らずにはいられない。
今日は久しぶりにショッピングに行って、ターコイズブルーのビスチェドレスと、ターコイズブルーのうわっぱりと、ターコイズブルーのウェッジソールのサンダルを買ってしまった。
ターコイズブルーのビスチェドレスなんて、一体どこに着て行ったらいいのだろうか。この夏は、小粋なパーティーでも開催されることを望む。呼んでください。
安物ばっかりだけど、安っぽく見えないようには気をつけている。なんでもバランスって大事。
とかなんとか言っても、まずは締めないと。試着室で、かなり打ちのめされた。気分はブルー・・・・・・。
[PR]
by yukibreeze | 2008-06-21 00:20

画像・文章の無断使用・無断転載はご遠慮ください。(エキサイト・サービス利用規約に準じる場合を除きます)