<   2008年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧
まだ終わらない・・・
c0001364_3401656.jpg結局終わらない・・まだ片づけが終わらない・・・。
パンパンのゴミ袋はどんどん増え続け、誠にエコとはほど遠く、ゴミ回収車が来る日まで、私は人としての生活を営めるのだろうか。
溢れ出るCDを整理していたら、除夜の鐘が鳴った。
このラックが、まだ横にも後ろにもある。CDを収納するだけの部屋が欲しい。
嗚呼、早速煩悩をひとつ・・。

今年は、たくさんのいい出逢いがあった。
仕事でもプライベートでも、新たな出逢いに恵まれていた。
また、以前から顔見知りではあった人ともじっくり話す機会があって、より近しくなれた気がする。ずっと会いたいと思っていた方達とも知り合えたし。
今年初めて番組を聴いてくださった方も、そしてこのブログを知ってご覧いただいた方もありがとうございました。
そう、「ありがとう。」を言いたい人がたくさんいるの!これって幸せなことだ。
今とても心が満たされている。
こんな気持ちで新年を迎えられたのが嬉しい。でもまた片づけが・・・。
[PR]
by yukibreeze | 2008-12-31 00:00
終わらない
c0001364_2495938.jpg終わらない・・・。ちっとも終わらない。大掃除が。
今日は出かけてしまい、帰ったらやろう、と思っていたのに結局全く手つけずで。
ちなみに私は『片づけられない女たち』という本を持っている。
部屋の片づけができない人は、頭の中の考えさえも片づけられない人が多いという。
そっかー。やっぱりね・・・。
もう絶対明日は部屋を片づけて頭の中もクッキリさせよう。
だから年賀状書きは元日ということで・・・・。
いつまでたってもダメな私ね(敏いとうとハッピー&ブルー『よせばいいのに』の節で)。
[PR]
by yukibreeze | 2008-12-30 00:00
トミー&英人 仕事納め
c0001364_1382220.jpgトミー英人の収録。
スタジオがいっぱいだったので、英人さんの事務所にて。
現在トミーは自身のアルバムを制作していて、ジャケットは英人さんが担当することに。
どんなイメージで作ろうか、結構具体的な話にもなり。私はアドバイザーってことで。
仕事収めであるが、笑い収めでもあった。
[PR]
by yukibreeze | 2008-12-29 00:00
今年最後のSHONAN BREEZE
c0001364_3225310.jpg今年最後の放送。
森定商店からの、こんにゃく詰め合わせセットと、この鈴木英人サイン入り2009年カレンダーのプレゼントをさせていただいた。
毎年、この2点のプレゼントは大人気なのだ。
カレンダーについては『今日の16:00~18:00にビーチFMまで取りに来られる人』を条件とさせていただいた。
私はスタジオからは出られないのだが、オフィスで受け取られて笑顔でお帰りになる人達を見て、あぁ良かったな、とつくづく思うのだった。

今年もたくさんの人達に支えられ、ゲストにもいらしていただき、無事に番組を終えることができた。皆さん、どうもありがとうございました。
来年も番組内容はきっとさほど変化はなく、相変わらず6時間半たらたらした放送をしていくことでしょう。どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by yukibreeze | 2008-12-28 00:00
転倒
c0001364_2153128.jpgぼーっとよそ見しながら歩いてたら、転倒した。
それがハンパでない転び方だった。
スネ丈のガッチリしたベンチが真正面にあったのだが、全く気づかなかった。
で、当然スネから当たり、ふっ飛んだ。
確かにダイブした。
物凄い音をたててひっくり返り、しばらく動けないほどで、あまりの痛さに涙目になった。
左スネは流血、ひざは青あざ。
ああ、骨にヒビが入ったかも・・・。
心配するに及ばず、その後帰宅してからフツーにジョギングした。
骨太に感謝。
[PR]
by yukibreeze | 2008-12-27 00:00
納会
c0001364_181090.jpg本社で大掃除、その後納会。
しかし私は申し訳なく思いながらも、ずーっと日曜日の番組の準備。金曜日っていつもそうなのだ。半日がかり。
途中、PCが隣り合った占部姐さんと話していて、いつもならエネルギーを吸い取られそうになるのだが(!)、今日はエネルギーをいただいた。嬉しかった。
みんなとゴハンを食べ、その後もプログラムを組み、みんながテレサ・テンを大合唱している向こうでひっそり取材の編集・・・。
今年も結局そうやって終わってゆく。きっと来年も変わらないのだろう。
[PR]
by yukibreeze | 2008-12-26 00:00
湘南スタイル忘年会
c0001364_1384459.jpg七里ガ浜のDouble Doorsで行われた湘南スタイルの忘年会に呼んでいただいた。
明日発売の最新号。


c0001364_142713.jpg写真家の広田行正さんと、ライターの久野康宏さん
「表紙のモデル、ボクなんですよ!」
と、広田さん。ついにモデルに転身か?!


c0001364_145720.jpg河村由加里さんも久しぶりー。アラナさんは大学の先生。


c0001364_2405495.jpgお世話になってます。七里ガ浜BEAUTRIUMの皆さん。
もう半年髪切ってない・・。担当の増山さんにヘアチェックしてもらった。


c0001364_2433562.jpg3knotの寒川さんご夫妻。お二人とも赤が似合うなぁ。
来月、焚き火カフェよろしくお願いします!


c0001364_0595697.jpg先週会った時「オレは呼ばれてないから(行くかどうかわからない)・・・。」と言っていたハンセンさんは、結構早くから会場に着いていたらしい。やっぱりね!
絵日記を掲載しているイラストレーターの樋口たつのさんにも、選曲をお願いした。


c0001364_2505371.jpgSeven Miles Clubの上山佳子さんも久しぶり~。いつお会いしても笑顔が本当にステキ。そして、いつも真っ黒!


c0001364_253528.jpgどーしたんですか!寺倉さん!美女達と話している時に。
次回のサウダージの会は、新年会ですね。


c0001364_253544.jpgこの方がいらっしゃると、一気に濃厚な空気になる、ジョージ・カックルさん


c0001364_255348.jpgシメのご挨拶は富山英輔さんと泰介さん。
いろいろな方たちと、久しぶりに一堂に会せて楽しかった。
[PR]
by yukibreeze | 2008-12-25 01:37
パラダイス・アレイにて
c0001364_11254.jpg勝見淳平君に選曲してもらうため、鎌倉のPARADISE ALLEYに出かけた。
約3時間、パンをこねつつ、焼きつつ、PCに入っている曲から悩みつつ選曲してくれた。
一生懸命働いている人を見ているのが好きだ。
長い時間カウンターに腰掛けていたが、ちっとも退屈しなかった。


c0001364_193252.jpg私がいる間に
作られた、インパクトある“生きる力”パン。
淳平君の友達が、これからデートなんだ!とやって来て「いいなぁ!コレ!」と言ったら
「じゃあ持ってっていいよ。」
と。小麦粉が入っていた大きな袋に入れて、テキトーにリボンかけて、お友達はいそいそと持って帰って行った。


c0001364_1202521.jpgやはり淳平君のお友達、シタール奏者のヒデさんも来ていて、お話させてもらった。ついでにシタールの音を聞かせてもらった。
イイネー。生シタールが流れるカフェ。
[PR]
by yukibreeze | 2008-12-24 01:01
クリスマス・パーティー
c0001364_13805.jpgカシタニさんのおうちでのクリスマス・パーティーに呼んでいただいた。


c0001364_1424519.jpgカシタニさんの料理の腕前はプロ級。
次から次へと手際よくテーブルにお皿が並ぶ。美味しいレストランに来たみたいだ。


c0001364_1463258.jpgラムや


c0001364_1473172.jpgキノコとチキンや


c0001364_1481258.jpgケーキも。


c0001364_148427.jpg“SHONAN BREEZE”と同じ時間にFM横浜で番組を持っている齊藤美絵ちゃんも、写真を撮る。
たぶん似たような写真がアップされるはず。
するよね??


c0001364_255249.jpg予算千円でプレゼント交換。アミダクジにより、私の用意したプレゼント(ドラッグストアで購入)は美絵ちゃんに、美絵ちゃんからのプレゼント(新米)は私に当たった。
日曜日のFMのクイーン(勿論美絵ちゃん)と裏番(私)、今ここに並ぶ。
[PR]
by yukibreeze | 2008-12-23 01:36
どうですか?
c0001364_281888.jpg「~どうですか?」あるいは「~どうでしたか?」という質問をよく聞く。
テレビのインタビューを見ていると、大概使われている。自分も時折使ってしまう。
大雑把、かつ楽で無難な聞き方だが、これまた通り一遍で無難な答えが返ってきて大して面白くない。
つまり愚問だと思う。
先日、益川敏英教授がノーベル賞授賞式でストックホルムの街を歩きながら、記者からお決まりの「どうですか?」の質問をされていて、
「どうですか、って言われたってどう答えりゃいいんだい」
的な答えをしていて、その通りだ、とスカッとする思いだった。
益川教授の、マスコミに媚びないコメントは興味深い(それが反対にマスコミにウケてるけど)。
専門的な話を私が理解できるはずもないが、恐れながら飲み屋かなんかでお話させていただけたら、とても楽しいだろうな、と思う。
表面的な型通りのインタビューなんて、結局大して面白いもんじゃなく、インタビュアーが本当に興味を持って、そして聞いている人や相手の立場にもたって質問しないと、聞いている人だってつまらないだろうな、と思う。
こちらがオープンにならないと、相手もなかなか腹を割ってくれないものだ。これって日常でも言えるけど。
だから日々反省。
[PR]
by yukibreeze | 2008-12-22 01:05

画像・文章の無断使用・無断転載はご遠慮ください。(エキサイト・サービス利用規約に準じる場合を除きます)