<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ネックレス
c0001364_23121036.jpgアクセサリーの収納には困っていた。
特にネックレス。引き出しに入れていたが、取り出す時にはぐちゃぐちゃにからまっていた。
ある時ボードにかけてある人の様子を見て、真似することにした。
コルクボードを買ってひとつひとつひっかけてみた。
あ~楽~。前からこうしていればよかった。
[PR]
by yukibreeze | 2011-03-31 00:00
トレーニング再開
c0001364_011228.jpg諸々の事情で、ほぼ5ヶ月ぶりのトレーニング。普通のジムだったら、大概このままフェイドアウトして退会、という流れが常であった。
しかし、パーソナルトレーナーのたんちゃんは待っていてくれて、程好いタイミングで声をかけてきてくれていた。
たんちゃんにも会いたかったし、全く運動しなかったので体が鈍るどころか、固く重くなっている感があったので、久しぶりにイケてない運動着に着替えた。

ぜーぜーと筋力の衰えを実感し、たんちゃんも考えていてくれていたプログラムを変更したようだ。
情けない・・・・。
しかし、汗を流すのは大変気持ちいい。終わった後のガクガクした感じさえも快い。
トレーニング後のお昼ご飯もまた格別美味しかった。
やっぱりできる時に体力をつけておかなければ、とまたトレーニング再開を心に決めたのであった。

その後、今日もまたビーチグラスを拾いに行こうと思い立ち、海岸に行ったらつちやまりちゃん由美ちゃん姉妹がそれぞれ赤ちゃんを抱っこしてのんびりしているところに遭遇。
しばらくお喋りして過ごす。
なんでもない穏やかな午後の日に感謝。
[PR]
by yukibreeze | 2011-03-30 00:00
海岸にて
c0001364_2359746.jpg収録を終えた後、雑用を済ませて海岸へ。
ここは普段と何も変わらない。
さざなみが打ち寄せ、犬の散歩をしている人達がゆっくり行き、子供達の笑い声が聞こえ、カップルが砂浜で語らっている。
ここのところ、しまってあったキャンドルをいくつも出して置いてある。
そうしたら、久しぶりにビーチグラスのキャンドルスタンドを作りたくなって、黙々ととりかかっている。
ストックしてあったものが少なくなってきたので、拾いに来たのだ。
少なくなったかなぁ、と思いながらも無心で拾っていたら日が暮れてきた。
[PR]
by yukibreeze | 2011-03-29 00:00
c0001364_1171148.jpg昨日とは矛盾するようだが、そもそも自分は人前で泣くことは滅多にないのだ。
女性は結構すぐに涙が出せる。大概それはハンカチを押し当てる程度だ。
私の場合、泣くとなったら嗚咽がつきものだ。これを子供泣きと呼びたい。
いい歳して子供泣きは、かなりみっともない。ひーっくひーっくしてまともに喋れなくなる。滝のように鼻水が出る。だからできることなら泣きたくないのだ、本当は。

美空ひばりは『悲しい酒』を歌う時は涙を流しながら歌っていたらしい。
テレビで見たら、鼻が赤くなることもなく、勿論鼻水が垂れることもなく、声が乱れることもなく、ただ涙だけがポロリとこぼれる。
これはプロ泣きだ。

前を行く車が石を撥ねて、私の車のフロントガラスに当たり、親指大の亀裂ができた(泣)。
[PR]
by yukibreeze | 2011-03-28 00:00
アジの開き
c0001364_23235643.jpgこの切り紙は、今日高野んがリポートしてくれた海宝寺で行われていたバザーで作ってもらったのだそうだ。
ちょちょちょいちょい、とあっという間にできてしまったらしい。

さて、番組にはおかげさまでメールやツイッターなど、いろいろな方からメッセージをいただく。
はじめまして、という方から常連さんまで。
その常連さんの中に、都内の医局で働いているらしい3人の方からそれぞれメールをいただいている。
勿論お会いしたことはないのだが、職場ではいつもビーチFMをかけてくださっているらしい。
まず、通称『鎌倉の先輩』。ご本人はいつも本名で送ってきてくださるのだが、落ち着いてマイペース、要領悪く幸薄い面が垣間見られ、そこがなんとなく哀愁を帯びてて笑えるのだが、いざという時大変頼りになる、実はデキる男と推察する。
もう一人、『弥生先輩』。しっかり者で、大勢の前でも「おかしい。」と思ったら大声で意義を唱えることができる、と以前そんな内容のメールを送ってくださった。
そして、一番後輩のラジオネーム『アジの開き』ちゃん。ちゃっかり者で要領よく、でもどこか憎めない可愛さがある。
繰り返すが、面識はないのだが、キャラクターが手に取るようにわかり、もうずっと知っている友達のような感覚になっている。

今日は、アジの開きちゃんからのメールだった。
またおもしろおかしい内容だろう、とBGMもすっとぼけたものを用意。
でも、途中から読めなくなってしまった。スミマセン、まずこの段階で下読みしなかったのがバレバレですね。
後から
『アジの開きちゃんのメールを最後まで聞きたかったです。』
というツイートもあったので、ここで載せようと思う。


震災から少し時間がたってきました。
あれから「被災地への派遣」や「地域・応援要請」で人が、どんどんいなくなって、この時間職場は閑散としています。
都内「ストック・ゼロ」の職場です。

鎌倉の先輩は真っ先に被災地へ派遣されたので私が竹下さんにナニを投書してもこの放送を聞けないから安心・・で・・悲しい。

こんなに天気が良くて、空が青くて、雲が白くて ちょっと風は冷たくて、いつもと同じような日曜日なのに どうして私の両親はいなくなって、帰る家も無くなったのか不思議。
被災地への応援派遣希望を出したのですが班長の先輩に「おまえはヨセ」と却下。
「ヒドイ!私の気持ち全然わかってくれない!」と、すごく感じたけれど、今は気配りに感謝。
私は高校生のころからテレビ見ないでラジオ派なのですが、養子の父親は最後まで首からラジオを下げて農作業していたのかな、と思うと ラジオ・・切ないです。母親の言うとおり一度ぐらい地元で見合いしてあげればよかったと後悔・・・でも父親は反対してくれました。

教授の「絶対ということは無い!患者に言うな」の言葉はなるほどと感心。
世の中「絶対」はありませんね 肝(キモ)に命じます。

鎌倉の先輩からは「ビーチFMに投書しても良いが個人情報と漢字には仮名を振って読みやすいように配慮」の指示・・・大丈夫でしょうか?

私はまだまだ教えられる事が多いです。
できれば両親からもっとナニカを教えてもらえばよかったと後悔。

でも大丈夫です。
ワタシ 今、きちんと東京で後方支援。
淡々と粛々(シュクシュク)と業務遂行中、今晩も当直します。
弥生先輩がくれた「めげずに頑張れ」のマジック手書きサイン入りのコーヒーカップが机の上にあります。

激動の3月 早く春がくると良いですね。

竹下さんの放送 大好きです。
鎌倉の先輩が「俺はしばらく居ないから勝手に使え」って材木座の家のカギを置いていきました。
休みとれたら、葉山にマナのビーチFM聞きに行こうかなと思います。

これ読みやすかったですか?
スミマセン。
まだ、ゆとりがない

(原文のまま)


『葉山にマナの~』は『ナマの~』かな、とか「肝」と「粛々」ぐらい読めるぜ!と思いつつ、しょっちゅう番組で「えーっと、読めません。」とバカ丸出しで言うので慮ってくださったのだろう。
とにかく。
私はご両親や帰る家がなくなってしまったくだりで、涙腺が崩壊してしまった。
もう読めない。ヨーデルだ。ヨレヨレだ。
すぐに曲にいったが、もう放送人としては最低最悪である。
どうしてこう情に流されてしまいやすいのだろう。泣いてはいけない時に抑えられなくなってしまう。
お聴き苦しくて、本当に申し訳ありませんでした。

この医局トリオには、更に他のリスナーからも「待ってました!」とメールがくるほど人気が出てきた。
この後も、アジの開きちゃんに宛てたメールが届いたので、送ってあげました。
こういう時、なんて言葉をかけたらよいのかわからなくなる。
彼女は、こんな状況でも東京でしっかり仕事をこなしているのだし、ラジオから元気を送ることをモットーとしている私が鼻水ズルズルやっててはダメじゃないか!

アジの開きちゃんがこのブログを見ててくれてるかはわからないけど、葉山からいっぱいの想いを送るよ。そして祈ります。
こんな時まで番組にメールをくれて、どうもありがとう。
[PR]
by yukibreeze | 2011-03-27 00:00
Kotoriのいえ
c0001364_1302159.jpgミモちゃんは先日お引越しをしたのだが、それまで住んでいたおうちで今日から展示会が開かれた。
『Kotoriのいえ』。切り絵と布小物が展示されている。
すっかりがらんとしてしまって。でも切り絵が飾ってあり、ミモちゃんの笑顔があると、温もりのある空間になっていた。
お客様は引きもきらずだった。時々近所の子供たちも、なんだろう、と訪ねて来るみたいだった。


c0001364_1365395.jpgこれは昨年の展示会で購入した作品。
スタンドアップパドルがモチーフになっている。この色合いも好き。
ハガキになって販売されていたので数枚買った。
展示会は27日(日)11:00~17:00までです。
[PR]
by yukibreeze | 2011-03-25 00:00
Shanti@Mt.Rainier Hall
c0001364_2232257.jpgまたしても10日のブランクが開いてしまった。この状況下、いつものようなブログなどあげる気にもならなかったし、また、いろいろな想いはあるが、それを文字にするのも憚られた。
あれからライブやイベントなどがことごとく中止となった。だから、今日のライブもどうなのかな、と思っていたが決行された。
Shantiの初めてのホールでのライブ。
渋谷のマウントレイニア・ホールに着いたら、たくさんのお客様がいらしていて、よかった~!と安心した。すでに姉心である。
ライブ中、Shantiが「初めてライブに来てくれた人」と聞いたら、半分近くの人が手を挙げて、姉は益々嬉しくなった。
内容も本当に素晴らしく、ずーっと彼女のライブを見て(聴いて)きたが、生意気に言わせていただくと、成長の過程がわかる充実したステージであった。
知り合いのミュージシャンや音楽関係の方々もたくさんいらしていた。
まずは、一番心配していたであろうパリにいるおとうのトミーに、ライブが終わってすぐに電話した。
「トミー、来てたら泣いたよ。」
「うん、泣く・・。」
こと娘に関しては涙もろいおとうなのであった。
元気になってもらいたい、元気をあげたい!と何回もShantiが言っていた。
Shantiは人一倍繊細。この震災に押しつぶされるほど心を痛め、涙を流していたはずである。それがこんなにも明るく元気に振舞えるまでにはかなり葛藤したと思う。
ありがとう、Shanti。そしてミュージシャンの皆さん。音楽の力でポジティブなエネルギーをたくさんもらいました。
[PR]
by yukibreeze | 2011-03-23 00:00
緊急放送後
c0001364_073546.jpg放送に直接携わらなくても、いろんなスタッフが差し入れを持って来てくれた。
こういう時女性の細やかな気遣いに頭が下がる。
何人もの人による何種類ものおにぎりが並んだ。温かいスープやカレーもあった。手作りのパン、お菓子山ほど。
徹夜明けの我々の為に、歯磨きセットやウェットティッシュを用意してくれたのは、総務のルナ。
私が男だったら惚れる。
ボーやまんさんは半日以上、というか丸一日近くスタジオにこもりきりだった。たがみさんにねぎらわれているボー。

まだまだ心が痛くなるような情報がどんどん入ってきます。自分は、一体何ができるのでしょう?!
今すぐには力になれなくても、きっといつか必要とされる時がくるでしょう。
心の平静を保って、思いやりの気持ちを忘れないようにしたいと思います。
[PR]
by yukibreeze | 2011-03-12 00:00
緊急放送
c0001364_23431949.jpg東日本巨大地震が起きて、ビーチFMではすぐに緊急放送を開始した。
その時私は自宅にいて、オフィスに向かうところだった。
放送を聴いていたら、森川いつみさんと奥村マリコさんが代わる代わる情報を伝えていた。
周りの騒然とした空気も伝わってきて、慌しくなっている様が手に取るようにわかった。
停電で信号も止まり、なんとかオフィスに着くと、ロウソクが灯されていた。辺りは真っ暗だったが、スタジオはバックアップ機能があるので、ぼんわり明かりが点いていた。
前回、津波警報が出た時、情報を伝える為3時間喋りっぱなしという経験があったが、どうにもしんどかった。
今回喋り手は交代しながら2人体制。情報を取るスタッフ、ミキサー及び指示を与えるスタッフ、皆手際よい。
森川さんは、ほぼ6時間スタジオにつめていたので代わった。
その後、来てくださいと呼びかけたわけではなかったのだが、自発的に次々とスタッフがやってきた。
采配を揮っていたボー、情報をとるオマエちゃん以外は全員女性。ホント、ウチって男手がない・・・。

無我夢中でいたら、あっという間に夜が明けてきた。
朝早くに、また新たなスタッフ達が何人もやって来たので、十数時間ぶりにスタジオを出た。
[PR]
by yukibreeze | 2011-03-11 00:00
女神が歌う。
c0001364_2313971.jpg心から素晴らしいと思えるライブだった。
MOTION BLUE YOKOHAMAで行われた五十嵐一生meets神谷えり
柴田敏孝さんのピアノ、キーボードも加わり3人だけの音世界。
いつもと違うアンビエントな雰囲気に包まれ、曲紹介や喋りもなし。
ともすればアンビエントなものは無機質でクールなイメージがあるが、そこに確かに熱く息づいている3人の音と声が交りあい、ある意味ものすごいエネルギッシュで人間っぽさが浮き出ていたように思う。
この日に向け、相当集中したリハーサルなど綿密な時間を経てきたという。
それも納得の内容で、1曲目から心に訴えかけてきて涙が出そうになった。
またいつかこの3人のステージをやってほしい。たくさんの人達に聴いてもらいたいから。
えりちゃん、本当に素晴らしかった。本当に綺麗だった。こんなすごいシンガーが友達で誇らしかった。
[PR]
by yukibreeze | 2011-03-10 00:00

画像・文章の無断使用・無断転載はご遠慮ください。(エキサイト・サービス利用規約に準じる場合を除きます)