<   2011年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
日帰り温泉
c0001364_23421830.jpg今日は一日何の予定もなく、思い立って一人で箱根の日帰り温泉に行った。
わりとすいていて、脱衣所で隣り合ったおばちゃんが
「外国からの観光客がすっかりいなくなってすいてんのよ。」
と言っていた。
お風呂から出て、緑を眺めながらお昼ごはんをゆっくり食べて。
テラスで、持って来た読みかけの本を一気に読破。1時間半も経った頃には、体が冷えてきたのでまた入浴。
緑のあるところで温泉に入りたかった。読書したかった。
両方叶ったから充実した気分。
[PR]
by yukibreeze | 2011-05-31 23:55
J.J.MONKSにて熱い夜
c0001364_082093.jpgJ.J.MONKSで、湘南在住のアーティストによる写真や絵画、切り絵の展示が行われていて、番組内でも高野んにリポートしてもらった。
作品は勿論、左側にある写真集や雑誌は、私が到着した時も入り口にどどーんと積まれたままで「だいじょうぶなのか・・・・。」と思ったが、帰る時も全く取られた様子はなく。平和な国日本。


c0001364_0142240.jpg憲庸さんの切り絵作品の隣に、ロコの絵も置かせていただき。おかげさまで、絵画は何点か売れたらしい。


c0001364_0163354.jpg番組を終えて、7時半頃着いたら、もう人人人・・・で大盛り上がりだった。カッコイイ人がいるな、と思ったら、ついこの間も、番組の番宣で笑っていいとも!に出ていた某俳優さんだった。一昨年、話して一緒に写真を撮らせてもらったことがあったので、また話しかけたら、まったく忘れられていた・・・そんなもんだ。


c0001364_0193052.jpgムッシュかまやつさんや、キンタさんやトミーもライブを。
おぉ、ザ・スパイダース(抜粋)とゴダイゴ(抜粋)の共演だ!当然盛り上がらないわけがない。


c0001364_0263025.jpgとぼけた顔してババンバーンだ。ムッシュ・・・・。


c0001364_0271978.jpgそしてジョージさんは『ワインこぼしました』シミをこしらえる。パーティー後は、床のあちこちにワインがこぼれまくっていた。


c0001364_0302857.jpgユカリちゃんやユミちゃんにも会えてゴキゲンなトミー。ロコもまたゴキゲンであった。iPhoneにも自分で描いた絵を。


c0001364_0331423.jpgライブが終わり、後半はディスコ・タイム。DJをやらせていただいた。
曲は70~80年代モノ。っつーか、それしかできないんだけど。限られた時間内なので、わりと直球勝負な曲オンパレード。
エドがセット・アップしてくれて、やりやすいようにサポートしてくれた。エド、いつもありがとうね!


c0001364_0363971.jpg真ん中辺りで“モンキー・マジック”もかけたりして。場内フィーバー。
ゴダイゴのドラムス担当者は苦笑しながらも、結構嬉しがっており一緒にフロアで踊る(たいしてうまくはなかった)。


c0001364_0393019.jpg横山泰介キョショーやジョージさんも踊る。


c0001364_0401095.jpgベタですが、ラストのボーイズ・タウン・ギャングの“君の瞳に恋してる”になると異常な盛り上がりになる。そして、いつもなぜかみんな肩組んだり輪になったりするんだけど、今回はジェンカの如く繋がっていた。
それにしても、みんなすっごくイイ笑顔だったなぁ。
子供や孫もいるようなカッコイイ大人たちが無邪気になって楽しんでいる姿を見られて、本当に嬉しかった。
[PR]
by yukibreeze | 2011-05-29 00:00
ロコの絵
c0001364_0344953.jpg親友ロコはずっと絵を描いていたが、なかなか発表する機会がなかった。まぁ腰が重い、ということもあり、ずっとお尻を叩いてきたのだが、29日(日)逗子のJ.J.MONKSで、湘南の有名写真家の皆さんや、画家の皆さん、切り絵作家の方に混じって出展させていただけることになった。
シンジさん、ホントにありがとう!
「見る人に元気になってもらいたい。」
とロコはいつも言っている。是非多くの方に見ていただきたいのです。
当日は、高野んも会場からリポートしてくれる予定。
開場は13:30~。通常の営業はお休みだそうです。どなたでもご覧いただけるので、お時間があったら是非足を運んでみてください。お天気が心配ですが・・・。17:00位まで展示即売をするそうです。
その後は一旦CLOSEして、また盛り上がりそう・・。私も番組が終わったらマッハで行き、DJするかも。
[PR]
by yukibreeze | 2011-05-27 00:00
サウダージの会
c0001364_1414946.jpg久しぶりのサウダージの会。いつものメンバー4人が年に何回か集って、食べて飲んで語らう。
今日は、カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュのマスター堀内隆志さんのお申し出により、コーヒーの試飲会をしていただくことになった。
メモもしなかったから詳細は忘れてしまったけど、アイスコーヒーから始まり、あらゆる種類の豆のコーヒー、エスプレッソを飲ませていただいた。
こんなに味が変わるものだとは!誠に奥が深い。


c0001364_1484447.jpgライターであり編集者である寺倉力さんも、じっくり味わう。
ダバダ~♪違いがわかる男。


c0001364_1513459.jpg今宵の会場は、鎌倉のイタリアンIl Birraio(イル・ビッライオ)。
ずいぶん前から寺倉さんがプッシュされていて、行ってみたかったお店だ。
遅れて藤崎真一さんも登場。


c0001364_1543984.jpgこのメンバーが揃うと、なんかほのぼのと居心地がよいのだ。
よく食べ、よく飲み、よく語らいました。
[PR]
by yukibreeze | 2011-05-26 00:00
わたしのよろこび
c0001364_23253255.jpg人が笑ってくれるのが嬉しい。
楽しくて笑っている姿も嬉しいが、嬉しくて笑っている姿って、こちらもハッピーになる。
[PR]
by yukibreeze | 2011-05-25 00:00
SCAPESにて。
c0001364_0593038.jpg遅ればせながらのマヤちゃんお誕生日お祝いランチをSCAPESで。


c0001364_135333.jpgユミちゃんもベイビーと一緒に。ホントにホントにかわいいんだよなぁ。おとなしくていいこちゃん。で、よく笑う。
SCAPESのスタッフの皆さんは、いつも細かいところまで行き届いたサービスをしてくださる。だから、いつ行っても気持ちいい。


c0001364_1124875.jpgSCAPESから眺める森戸海岸は、非日常を感じさせる。お泊りしたい!


c0001364_1141496.jpgおまけ。
トミーがパリから帰ってきたので、久しぶりに一緒にゴハン。肉食系の男と女。
[PR]
by yukibreeze | 2011-05-24 00:00
ハンモックのある家
c0001364_23434641.jpg今日はミモちゃんの誕生日。おめでとう!
BETTEIにてランチを食べて、最近海沿いに引っ越したミモちゃん邸へ。
リビングにはハンモックが。海を眺めながらブラブラ。気持ちイイ!


c0001364_003431.jpg座るタイプも。これもぷらーんぷらーんとしてイイ感じ。


c0001364_043574.jpgデザートにミモちゃんがプリンを作ってくれていた。美味しかったー!おかわりまでしてしまった。
今日もいろいろ話しこんでいたのだが、高カロリーのプリンを食べながらの話題は、どうやったら痩せられるのだろう、と矛盾。
[PR]
by yukibreeze | 2011-05-23 00:00
晴れ、のち曇り、のち雨
c0001364_22505240.jpg正午は太陽が照っていたのだが、強い風にのって西からどんどん雲が流れてきた。
3時ごろ、みるみるうちに空が暗くなってきた。
自分の番組の選曲を考える時、その日の天候を考慮する。
今日は『雨モノ』の曲をところどころ用意していたのだが、予報に反してまだ降らない・・・。
そうすると差し替えたりする。
15:30頃、降ってきた。
やった!というのはヘンだけど、この時調度用意していたのがJ.D.Southerの“Go Ahead And Rain(優しい雨に)”だった。


c0001364_23104780.jpg今日のパートナーはJK。どうやら、私がJKをいたぶっているイメージがあるみたいだが、決してそんなことはないのです。高野ん同様仲良くやってます。
[PR]
by yukibreeze | 2011-05-22 23:17
楽器売り場から
c0001364_140533.jpg子供の頃、ピアノを習っている子は、音楽の時間、得意になってピアノで弾いていた気がする。自分もそうだったかもしれない。
「すっごーい。」
と言われると、家だと練習しないくせに得意になって弾いた記憶がある人は結構いると思う。
デパートの楽器売り場でも、同い年くらいの子が発表会で演奏するような『花の歌』とか『エリーゼのために』とかぴろぴろ弾いて、それがなんか得意げなのがしゃくにさわって、そのそばでショパンの軍隊ポロネーズとかハデに弾いてやって「ふふん。」としてる、昔から誠にスケールの小さいヤな子であった。

今日デパートの楽器売り場を通ったら、キーボードを弾いて弾いている人たちがいた。
それが、小学生の女子がたむろすると思っていたら、弾いていたのは成人男性であった。
一人はビートルズ。たどたどしいが「ピアノで弾いてみたいんすよね、ビートルズ。」感が出てて微笑ましかった。
もう一人は異質だった。売り場の影から、ずーっと観察していた。
なんかこう、曲が前衛的なのだ。
背中を丸め、本人は結構陶酔していた。
はっきり言ってうまくない。だが彼の世界がたしかにあった。
誰にも注目されることなく(私以外には)、彼は長いこと弾いていた。きっとライブなど人前で演奏することはないのだろう。でも弾きたい!認められたい!と思っているに違いない!と、勝手に想像していた。
ああいう売り場で弾いている人の中で
「うん、この鍵盤のタッチは・・」
などと思って音を出している人はそうそういまい。
曲を奏でている人は、周囲の人の耳にとまり「あら。」という反応を待っているのだと思う。
人間って、自分を認められることに悦びを感じるのだ、きっと。
[PR]
by yukibreeze | 2011-05-21 00:00
間違い電話
c0001364_018213.jpgケイタイに、登録していない番号からかかってきた。

「さっきお電話いただいたようで・・。」
「?いいえ、してませんけど・・。どちら様ですか?」
「イトーです。」
「どちらのイトー様ですか?」
「東京のイトーです。あの、電話番号は・・・ですか?」
「いいえ、違います。(折り返しそのままかけてきてるんじゃないのか?)」
「あ、すいません。」
「いいえ、失礼します。」

間違い電話に「失礼します」ってヘンか、と思いつつ切った。
電話って『あがる』のです。
[PR]
by yukibreeze | 2011-05-20 00:00

画像・文章の無断使用・無断転載はご遠慮ください。(エキサイト・サービス利用規約に準じる場合を除きます)